インプラント治療費の内訳

 インプラント治療は健康保険が使えません。ですからインプラントにまつわる費用は 全額自己負担となります。それだけに治療を受ける側とすれば、何に幾ら必要なのか を把握しておきたいものです。ここではその治療費の内訳について考察してみます。
 ここでの試算はあくまでも一般的なインプラント治療を前提としたデータです。 医療機関によっては独自の方法で算出するため、内容や費用が若干異なります。
 インプラント治療は最先端の「医療」です。ブランドのバッグや時計を買うのとは 全く違います。「値段」より「医療の質」を見極めることが最重要課題であることは 言うまでもありません。

@治療前に必要な検査費用:3千円〜5万円程度


 インプラントは、高度な技術を要する治療です。それを支えているのが最先端の 医療機器です。当然治療前には様々な検査が行われます。

術前カウンセリング・問診:無料〜数万円


 過去の健康状態や全身基礎疾患の有無、喫煙の有無などインプラント治療が可能かどうかチェックします。 カウンセリングは無料の医院も多く見られます。

術前レントゲン検査:無料〜数万円


 レントゲン検査といっても小さなデンタルレントゲンからCT検査までいくつかあります。 CT検査はインプラント治療を成功させる重要な検査になりますが、その費用は数千円から数万円と 医院によって異なります。平均すると1〜2万円というところでしょう。

血液検査:1万円程度


 医院によっては血液検査をおこなうところもあります。


A手術費用:10万〜30万円程度

インプラントに必要な材料、機材:数万円〜数十万円


 インプラント本体をはじめ手術ごとに使い捨てされる備品にかかる経費は 総じて最低でも5〜6万円はかかります。CTのデータを分析してインプラント 手術用の特殊な器具をオーダーメイドすることもあり、その場合は更に 数万円〜十数万円かかることもあります。


手術料:数万円〜数十万円


 いわゆる粗利益です。ただしここからドクターやアシスタントの人件費やインプラントの保証費用、設備投資費用が差し引かれます。


特殊な手術の費用:数万円〜数十万円


 インプラント治療に際し、不安を取り除く目的で「静脈内鎮静法」や「笑気麻酔鎮静法」を行うことがあります。 この場合は数千円〜数万円(麻酔科医帯同の場合は8万円前後)の追加費用が必要です。
 また、インプラント治療が難しいいわゆる「難症例」の場合は特殊な術式が必要です。 技術料に加え、材料代(人工骨や薬品)が含まれます。通常の治療では必要ありません。


薬代:数千円


 インプラント治療後は必ず抗生剤や鎮痛剤、洗口剤、消毒剤等のお薬が処方されます。


2次手術費用:無料〜数万円


 2回法と呼ばれるインプラント治療法の場合は、インプラント体が骨と結合した頃に 2次手術が必要となります。1次手術に比べれば比較的簡単な術式ですが、 ここでもコストがかかってきます。




B手術後の経過観察費用:無料〜数万円程度

インプラント手術後の経過観察:無料〜数万円


 インプラント手術後の経過観察は必須です。術翌日の消毒や抜糸、術後レントゲン検査などが 含まれます。




Cインプラント上部構造(人工歯)費用:8万〜15万円程度

歯型取りの費用


 インプラントの上部構造(人工歯)を作るためには特殊な器具と方法を用いた歯型取りが行われます。 必要経費としては数千円〜数万円かかりますが人工歯代として包括されていることがほとんどです。


セラミックの人工歯代:8万〜15万円


 インプラントの人工歯にはセラミックが用いられることがほとんどです。症例ごとにオーダーメイド されるため、上記費用が必要になります。人工歯を製造する工程は専門の技工所に外注されることが 多いため、そのコストは様々です。また、インプラントの人工歯は様々なパーツで構成されているため、 天然歯にかぶせるセラミックの人工歯よりも高くなります。



D定期健診の費用:数千〜1万円程度

メンテナンス費用


 インプラントの術後管理は必須です。一般的には半年に1回程度となることが多いです。 定期的にレントゲン検査を行い、人工歯の緩み等をチェックし、インプラント周囲のクリーニング を行います。 インプラントは、他の治療に比べて長期保証(10年前後。一般的な自費歯科治療は2年程度が多い。)を謳っている診療所 もよくみられますが、この「定期検査」を受診することを前提としていることがほとんどです。